カテゴリー:丼もの・ご飯もの

カツ丼(かつ丼)

katsudon.jpg

丼といえば、カツ丼。そんな方も多いのではないでしょうか。甘辛く煮たカツをふわふわした卵がくるんで、たれがしみこんだご飯と一緒に食べると、それはもうたまらなくおいしいです。


●材料
とんかつ  1枚(1.5cm幅ぐらいに切る)
たまねぎ  4分の1(細く切る)
つゆの素  大さじ1
みりん    小さじ1
砂糖     小さじ1
卵      1個
水      2分の1カップ

かつ煮と同様です。


●作り方
浅いなべにつゆの素、みりん、砂糖、水、たまねぎをいれて、ひと煮立ちしたらとんかつを入れます。一旦ふたをして、30秒ほど煮たら、卵を解いてかけ、軽く固まったら(このあたり、かつ煮の作り方と同じです)、丼にもったご飯の上に載せます。たれも忘れずに残らずかけましょう。
お好みで、海苔など載せて。ふたをしてちょっと蒸らしたら、出来上がり。


●ポイント
丼のふたがない場合には、お皿を載せてもいいです。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


赤身の漬け丼

zukedon.jpg

赤身のお刺身やお寿司が残ったときは 私は迷わず 醤油とワサビで一晩漬けて 漬け丼(づけどん)にします。ワサビは思い切ってたっぷりいれます。このほうが美味しいです。 どちらかというと 漬けたほうが赤身は好きなくらいです。どんな化学変化が起きているのかわかりませんが、ねっとりと変化して深い味わいです!


●材料
マグロ赤身  5切れ
しょうゆ   大さじ1
わさび    適宜


●作り方
しゅうゆにわさびを溶いて、赤身をよくまぶして、そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。
ご飯をどんぶりに盛って、よく漬かった赤身を載せて出来上がりです。お好みで、海苔やゴマなどをかけてもいいですね。


●ポイント
脂分の多い赤身、トロとか中トロは漬けに向きません。鉄火丼につかうような赤身がいいです。
幸福のねっとり感が出てくるには15時間以上かかりますので 良い子で待ちましょう!

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


オムライス

omuraisu.jpg

オムライス好きです。とくに卵が半熟で、とろとろしているものは本当に好きです。さらに、ビーフシチューをかけると、言うことありません。作るのも簡単。是非お試しください。


●材料
鶏もも肉  50g(1cm角に切る)
たまねぎ  2分の1(みじん切り)
ごはん   お茶碗1.5杯ぐらい
卵      2個
塩・コショウ 少々
ケチャップ 大さじ1
ビーフシチュー お好みで(なくてもいいです。その場合には、ケチャップをかけます)


●作り方
鶏肉・玉ねぎを炒めます。ご飯を入れて炒めて、塩・コショウ・ケチャップで味をつけます。 お皿に移し、少し端のほうで山形に形を整えておきます。
卵2個を熱いフライパンに入れて焼き、完全に焼けないうちに、お皿のご飯に載せ、その脇にビーフシチューをたっぷりとかけます。


●ポイント
鶏肉とたまねぎのいためたものは、たくさん作っても手間はあまり変わらないので、まとめて作って小分けして冷凍しておくと便利です。また、ビーフシチューも沢山作っていつも1回分づつ冷凍ストックしておくのもいいですね。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント