北杜50.5°(ほくと):サントリー:日本

北杜50.5°

ちょっと強めのウイスキーが飲みたいと思って、北杜50.5°を買いました。ボストンクラブ淡麗原酒の反動でしょうか。

白州のモルトを使ったブレンデッドウイスキーです。白州は、愛飲しているミネラルウォーターの産地で、アルプスの天然水が湧き出す、水のおいしいところです。緑もすばらしいし、中央高速から近いのも便利でいいです。実は、一度白州のサントリーには工場見学に行っています。いいところです。

アルコール度数は、50.5°とかなり高め。普通のウイスキーは、43°、ボストンクラブ淡麗原酒は40°ですから、2割程度は強いことになります。

アルコール度数の強いものというよりは、フレーバーの強い物がほしかったのですが、あまりフレーバーは強くなく、甘みを感ずるスムーズなタイプですね。竹炭ろ過しているとのことで、それが効いているのでしょうか。

女性にも飲みやすいウイスキーだと思います。

ただ、飲みやすさにだまされないように注意です。アルコール度数は、普通のウイスキーより2割ほど高いんですから。

醸造元:サントリー(http://www.suntory.co.jp/whisky/hokuto505/index.html)