鰤(ぶり)かまの塩焼き

buri_shioyaki2.jpg

ちびぶの田舎では、お正月にぶりを食べます。お年とりのぶり、といって、縁起物なのでとっても大きいぶりをたべるのです。もちろん身の部分です(ちなみにお食べの実家では、お正月といえば鮭です)。
お年とりのぶりもおいしいのですが、ぶりはかまが一番おいしいと、最近は思っています。そう考える人が増えているせいか、値段も大分高くなってきてしまいました。昔は、あらと一緒に格安で売っていたのに。残念。

buri_shioyaki.jpg

さて、今日は天然物のすごく大きなぶりかまが手に入りました。卵と比べるとその大きさがわかります。
これを塩焼きにしました。照り焼きもいいけれど、素材がよければシンプルな塩焼きもおいしいですよ。

●材料
ぶりかま・・1つ(血合いなどをとって掃除します)
塩・・・・・適宜
だいこん・・適宜(おろします)

●作り方
ぶりかまを掃除したら、よく水気を切り、塩をふって10分ほどおきます。
グリルは、両面焼きのものが簡単でいいです。かまの大きさに寄りますが、20分程度で焼き上がりです。片面焼きのグリルの場合には、10分ほどで返して、両面をこんがり焼きます。
だいこんおろしを添えて、いただきます。

●ポイント
ぶりかまは厚いので、中まで火が通るのに時間がかかります。あまり火を強くしないで、じっくり焼きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました