今日のお酒は、ねぶた淡麗純米酒。青森は奥入瀬のお酒です。

    
ねぶた淡麗純米酒
飲んでみる

純米酒というと、しっかりとした感じのお酒という印象が強いのですが、「淡麗」をうたっているのに引かれて買ってきました。
常温でいただきましたが、たしかにすいすいいける飲み口で、なかなか気持ちいいです。といって、淡麗をうたうお酒にありがちな、何となく薄いな、という感じもなく、よいです。

肴は何でも合う気がしますが、やはりあまり味の強くないものの方が、相性はいいようですね。

醸造元は、江戸時代末期に醸造を始めたようですが、桃川の名前で本格的にスタートしたのは、明治22年(1889年)。そこからでも、120年を超える老舗ですね。桃川というと、桃太郎の桃が流れてきた川かと思ってしまいますが、もちろんそうではなくて、地元では百石川と呼ばれる奥入瀬川の水を使用していたことから「百(もも)」を果物の「桃(もも)」 に代えてと名付けたのだそうです。

なぜ「百」を「桃」に変えたんでしょうね。「百川」のほうが何となくお酒っぽい感じがするのは私だけ?

今度は、初夏の奥入瀬の川辺で涼をとりながらやりたいですね。

醸造元:桃川(http://www.momokawa.co.jp/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村