カテゴリー:茨城県

賜杯桜 蔵そだち: 賜杯桜酒造:茨城県

今日のお酒は、「賜杯桜 蔵そだち」の2リットルパックです。

賜杯桜 蔵そだち: 賜杯桜酒造:茨城県
賜杯桜 蔵そだち
飲んでみる



醸造アルコールと糖類や酸味料を添加した、いわゆる増醸酒のようです。そのせいもあってか、安いです。
昔、早稲田の学生向き居酒屋で、合成酒を飲んで、それなりに飲めたので、増醸酒はどうかと思って飲んでみました。

ちょっと厳しいかな。冷も燗もいま二つくらいですかね。これなら、早稲田の合成酒のほうがいいかな。もっとも、雰囲気や懐かしさもあって、うまさ1.5倍だったと思いますが。

おたべは、比較的お酒は何でもおいしく飲めるほうですが、これはリピートないかな。
あ、でも、その後2週間ほど寒い部屋に放置しておいたものを昨日飲んでみたら、意外に飲めました。ワインみたいに、ひらくものなのかでしょうか。

醸造元の賜杯桜酒造は、茨城の取手の蔵ですが、埼玉の「小山本家酒造」のグループだそうです。純米酒や本醸造も作っていますので、今度そちらも飲んでみたいですね。

醸造元:賜杯桜酒造

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村






一人娘(ひとりむすめ):山中酒造店:茨城県

今回は、茨城県の山中酒造店「一人娘」本醸造です。
文化二(1805)年創業の老舗で、ラベルの娘も江戸時代の雰囲気。

hitorimusume.jpg
一人娘 本醸造 180ml
icon  
この蔵のお酒は、辛口が特徴とのことで、確かに辛い。でも割りにスッキリしているので、飲みやすいかな。

鬼怒川のほとりに醸造元はあるようです。鬼怒川というとすぐに鬼怒川温泉が浮かんでしまいますが、あれは栃木県。醸造元があるのは、茨城県常総市なので、大分下流です。きっと流れも穏やかで、江戸へ船でお酒を運んだりしていたのでしょうね。

関東鉄道常総線の石下が最寄り駅ですが、常総線はまだ乗ったことがありません。機会があれば、乗りつぶしがてら蔵を訪ねてみたいものです。

醸造元:山中酒造店(http://www.hitorimusume.co.jp/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村