カテゴリー:山形県

羽州乃杜 純米吟醸:浜田:山形県

今日のお酒は、羽州乃杜 純米吟醸。お酒のディスカウントストアのやまやで安く売っていましたが、一応、純米吟醸と銘打ったお酒です。

      


まだ暑いという季節でもないので、常温でいただきました。割に辛口、香は控えめで、スムーズに飲めるお酒です。コストパフォーマンスは高いほうかな。

このお酒は、やまやが米沢の酒造会社「浜田」に作ってもらっている限定品で、やまやでしか売っていないようです。

醸造元は、米沢市の浜田株式会社。本来のブランドは「沖正宗」です。創業は、1866年(慶応 2年)。幕末の騒然とした時期ですね。老舗ですが、社員をフランスボルドーに留学させて、ワイン醸造にも進出するなど、なかなかがんばってますね。

今度は、沖正宗の純米吟醸で一杯やりたいですね。

醸造元:浜田(http://www.okimasamune.com/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村






出羽桜(でわざくら):出羽桜酒造:山形県

2009年3月に蔵王にスキーに行き、「吟醸酒」に引かれて、宿の売店で購入して、晩酌しました。帰ってきて確認してみると、カップ酒で巡る47都道府県セットに入ってました。売店で買うの別のお酒にすればよかった。

というわけで、今回は、山形県の出羽桜酒造「出羽桜」吟醸酒です。缶入りというのは、ちょっと珍しいですね。

zao-dewazakura.jpg
出羽桜 吟醸酒 缶 180ml
icon  

以前は、品評会用に作られていた吟醸酒をいち早く市販し、地酒ブームの先駆けとなったといわれる蔵元です。全国新酒鑑評会連続12年金賞受賞中の名醸蔵元とのことで、なかなかおいしいお酒でした。ただ、やはり缶は、唇へのあたりがガラスカップに比べると悪い気がします。というわけで、グラスについで飲みました。

缶入りのワンカップというのは珍しいですが、発売までの経緯が醸造元のサイトにのっていました。こんな経緯があったんですね。醸造元も大変です。

醸造元:出羽桜酒造(http://www.dewazakura.co.jp/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村