カテゴリー:奈良県

香の泉(かのいずみ):竹内酒造:滋賀県

今日のお酒は、滋賀県、竹内酒造の「香の泉」蔵出し原酒です。

kanoizumi.jpg
香の泉 蔵出し原酒カップ 180ml

原酒っていい響きですよね。通常売られている日本酒は、もろみを搾って出来たお酒(原酒)に、水を加えてアルコール分を調整しています。その調整をしていないのが原酒ですから、芳醇でアルコール度数も高いのです。

おたべは、昔、神戸の飲み屋さんで原酒を飲んで、ひどく酔っ払ってしまったことがあります。そのときは原酒のアルコール度数が高いとは知らなくて、適量飲んでいるつもりが、概ね1.5倍くらい飲んだに等しいアルコールが入ったわけですから、大変なことになってしまったのです。

みなさん、気をつけましょうね。

さて、こうした原酒。昔は、蔵の地元でないと飲めなかったのでしょうけど、いまではいろいろな蔵が販売しています。

このお酒も、原酒の例に漏れず、アルコール度数は18度と高めです。気をつけながら、ちびちびやります。
おいしい。ジンは、度数の高いもののほうがおいしい、と思っているおたべですが、日本酒でもそうなのでしょうか。
でも、あまりたくさん飲むタイプのお酒ではないようにおもいます。

醸造元は、明治5年(1872年)創業の老舗です。

5月には、関西に行く予定で、滋賀県も車で通ることになっているのですが、残念ながらちょっとコースを外れています。次回は、ぜひ訪れてみたいですね。

醸造元:竹内酒造(http://www.kanoizumi.jp/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村






梅乃宿(うめのやど):梅乃宿酒造:奈良県

今日のお酒は、奈良県、梅乃宿酒造の「梅乃宿」純米酒です。

umenoyado.jpg
梅乃宿 純米酒 カップ 180ml

黒いラベルの純米酒。なんとなく、強さを感じさせます。奈良のお酒ですが、奈良はなんとなくですが、同じ古都の京都に比べて、男性的な感じがします。日本が本格的な国家になりつつあった時代の勢いというか、凄みを感じるんですね。

このお酒、そんな感じというか、やや荒削りで、勢いを感じるお酒です。冷で飲んだのですが、ちょっと強めの肴に合いそうです。お燗したら、ちょっと丸くなるかな。

醸造元は、明治26年(1893年)創業。古都奈良で、お酒を造ってきました。奈良が都になったのは、710年ですから、むしろ新参者なのでしょうけど、もちろん老舗といっていていい歴史をもっています。

今度は、朱雀門を眺めながら、「倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山こもれる 倭しうるわし」なんて歌を詠みながら、飲みたいですね。

余談ですが、奈良県のJRもすべて乗りつぶし済みです。でもまた行きたいな。

醸造元:梅乃宿酒造(http://www.umenoyado.com/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村