カテゴリー:赤

Cantine Lavorata Nero D’avola (カンティナ ラヴォラータ ネロ ダーヴォラ):赤ワイン:イタリア

今日のお酒は、Cantine Lavorata Nero D’avola (カンティナ ラヴォラータ ネロ ダーヴォラ)。イタリアの気軽な赤ワインです。


  Cantine Lavorata(カンティナ ラヴォラータ):赤ワイン:イタリア   
Cantine Lavorata Nero D’avola
飲んでみる

色は濃いめですが、味はライトでフルーティというか、ちょっとジュースぽい感じですね。
じっくり飲むと言うよりは、がやがやとおしゃべりしながら、くいくい行くタイプ。
夏に軽く冷やしていくといいかもしれません。

醸造元のカンティーネ・ラヴォラータ社は、1958年に設立されました。おたべの年齢に近いですね。イタリア半島を長靴に例えると、つま先あたりにある家族経営の会社で、数々の受賞歴があるようです。

今度は、夏の木陰でちょいと冷やしてやりたいですね。

醸造元:Cantine Lavorata(http://www.cantinelavorata.it/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村






Carramolino(カラモリーノ):赤ワイン:スペイン

今日のお酒は、Carramolino。スペインの赤ワインです。

     
Carramolino
飲んでみる

このワイン、一般には市販されているわけではなくて、元々は生産者が家族で楽しむたに作った自家用ワインなのだそうで、特別にボトルに詰めてもらって輸入したもの。

販売業者のサイトによると、すでに10万本以上売れているそうで、すごい人気です。

ちょっと渋みを強く感じて、パランスがあまり良くない、というのが第一印象。まあ、値段相応という感じです。

ところが、2杯目はもうちょっと美味しく感じます。ならばと、グラスに激しく注いて、グラスをくるくる。
よくなりました。美味しいです。本来はこんな乱暴なことをしてはいけないのでしょうけど、そこはテーブルワインですから、美味しくなるなら何でもありです。

飲み始めるまで時間があるなら、1時間前くらいに抜栓しておくといいのかもしれませんね。



今回買ったセットはこれ↓↓。他のワインにも期待です。

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村




Louis Chevallier Vin de Table Francais(ルイ シュヴァリエ ヴァン ド ターブル):赤ワイン:フランス

今日のお酒は、Louis Chevallier Vin de Table Francais。フランスの赤ワインです。

  


綺麗な赤が印象的なワインです。ちょっと刺激がありますが、まずまずの飲みくち。軽めだからということもありますが、値段を考えればまずまずです。軽めの肉料理なんかには合いそうです。

スクリューキャップなので、飲み残しを気にせず、気軽にやれます。というそばから、くいくい飲んでしまって、結構なくなってしまたりしているのですが。

今度は、鶏のトマトソース煮なんかとあわせて、いだきたいですね。

醸造元:Louis Chevallier(http://www.louischevallier.com/)


ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村