カテゴリー:ウィスキー

Malt Club(モルトクラブ):ウィスキー:ニッカウィスキー

今日のお酒は、ニッカの「Malt Club」(モルトクラブ)です。オールモルト製法でつくられたモルト100%ウイスキーです。

Malt Club(モルトクラブ):ウィスキー:ニッカウィスキー
Malt Club
飲んでみる
 
ニッカモルトクラブ 700mlNikka Malt Club

ニッカモルトクラブ 700mlNikka Malt Club

価格:894円(税込、送料別)


オールモルトウィスキーですが、蒸留方式の違う二つのモルトをブレンドしたブレンデッドウィスキーです。シングルモルトでよく感じる強さはあまり感じなくて、スムーズでやわらかく、そして甘い。ちょっと香りが作られた感があるかなぁ。

安い割にはまずまずではないでしょうか。ただ、ハイボールにすると、ちょっとスムーズすぎるかも。
うるさいことはいわず、ストレートでちびちびやるお酒ですね。

ハイボール主体で飲む私的には、リピートはないかな。

醸造元:ニッカウィスキー(http://www.nikka.com/products/whisky_brandy/nikkablended/maltclub/ )

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村






Grant’s the Family Reserve(グランツ ザ ファミリー リザーブ):ウィスキー:イギリス

今日のお酒は、Grant’s the Family Reserve。ブレンデッドウィスキーです。

Grant's the Family Reserve(グランツ ザ ファミリー リザーブ):ウィスキー:イギリス
Grant’s the Family Reserve
飲んでみる



すっきりとしてさらりと飲みやすく、おいしいのです。ロックではいい感じ。ハイボールにすると、ちょっと弱いようにも思うのですが、スムーズでこれはこれでいいですね。

シングル・モルトで有名なグレンフィディックの醸造所のブレンデッドウィスキーということで、いろいろ期待していたのですが、思ったより個性がないというか、普通です。
まあ、この値段なら、まったく問題ないです。

醸造元のウイリアム・グラント社はひとつの蒸留所で1887年の創業。いまでは4つの蒸留所を持つまでに成長しています。

冬になったら、ストレートで飲んでみたいです。

醸造所:William Grant & Sons(http://www.williamgrant.com/)


ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村




Ballantine’s Finest(バランタイン ファイネスト):ウィスキー:イギリス

今日のお酒は、Ballantine’s Finest(バランタイン ファイネスト)。バランタインは、シーバスに次いで、おたべの好きなウィスキーです。

Ballantine's Finest(バランタイン ファイネスト):ウィスキー:イギリス
Ballantine's Finest
飲んでみる



暑いです。風呂上がりには、冷えたビールをグイっといきたいところですが、このところ毎日ビールを飲み続けているので、ちょっと自重。
ハイボールでいきます。

今日は、バランタインでつくったハイボール。一杯目は。細かく砕いた氷を入れて、かなり冷たくしたものを一気飲み。
渇いたのどに、ものすごい清涼感が広がります。

二杯目は、大き目の氷でゆっくりといただきます。
おいしいですね。
フレーバーのバランスが良く、スムーズな飲み口です。

このBallantine’s Finestは、バランタインの中ではボトムラインの製品で、安売り店では1000円ほどで買えてしまいますが、十分に楽しめます。
次は、ロックでやりたいですね。

醸造元:Ballantine’s (http://www.ballantines.ne.jp/)

ツイートツイート



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓

にほんブログ村 酒ブログへ
 にほんブログ村