カテゴリー:卵のレシピ

おうちで作れる簡単伊達巻 – おうちでつくるおせち



鬼すだれで巻くとちょっと本格的に見えるけど、実はとっても簡単!

それに意外に材料費がかからないので、きっとびっくりなさいますよ。

ミキサーで混ぜて焼くだけですから今年は是非お試しください。

↓↓作り方の動画はこちら↓↓


↓↓詳しいレシピはこちら↓↓
伊達巻 – おうちでつくれるおせち



他にもたくさんのレシピ(作り方)ビデオやアニメがあります。
宮澤真理公式チャンネルバナー
ぜひご覧ください。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


伊達巻 – おうちでつくれるおせち

おうちでできるかんたん伊達巻
鬼すだれで巻くとちょっと本格的に見えるけど、実はとっても簡単!それに意外に材料費がかからないのにびっくりなさいませんか?ミキサーで混ぜて焼くだけですから今年は是非お試しください。

鬼すだれがないときは普通の まきすでも出来ます。それから巻き寿司用の花型・星型のプラスチックの型で巻くと、かわいい伊達巻ができますね。
鬼すだれで巻くとちょっと本格的に見えるけど、実はとっても簡単!それに意外に材料費がかからないのにびっくりなさいませんか?ミキサーで混ぜて焼くだけですから今年は是非お試しください。

材料

  • 卵・・・Mサイズ7個
  • 砂糖・・・大さじ10
  • はんぺん・・・大判1枚

材料をミキサーにかける

かんたん伊達巻の材料 はんぺんをちぎってミキサーに 砂糖と卵をいれてミキサーにかけます
  • はんぺんをちぎってミキサーにいれます。
  • 分量のさとうも入れます。
  • たまごを7個いれます。
  • カクハンしたら さぁ、あとは焼くだけ!!(あぁ、恥ずかしいくらい簡単!)

※注意

卵は空気を含んで増えるので 必ずミキサーにフタをしてください。充分あわを立ててください。カクハン後はすぐに泡とたまご液が分離しはじめますので すぐに焼いてください。

フライパンで焼く

コンロに焼き網を乗せてその上にフライパン

  • クッキングシートを敷いて卵液を一気に流し込みます。フライパンに油はいりません。
  • 弱火で蓋をして30-40分(丸いフライパンの時)くらい焼きます。表面だけが早くこげると困るのですが 時間をかけすぎると 卵液が分離して プリン状のところと ムース状のところに2層に別れます。(これはこれで美味しいのですが、成功とはいえないので お正月用には気をつけたいです。)

※焼くときのコツ

  • コンロに焼き網を乗せてその上にフライパンを乗せると焼きムラがすくないようです。
  • クッキングシートは大き目のほうが 裏を見るときなど便利です。上に乗せるシートも大きいほうが位置をちょっとずらすとき便利です。
  • 丸いフライパンのときは シートに放射線状の切り込みをいれて卵がシワにならないようにします。(切り込みが深すぎるとシートとフライパンの間に卵が入るので注意)
  • 丸いフライパンのほうが短時間でムラなく焼けますが 両端4cmくらいづつは巻いたときに「の」の字にならないので 花型などで抜いて飾りにします。
  • 四角いフライパンだと無駄なく伊達巻ができますが四隅に均一に火が通るように フライパンを移動させます。これは時間がかかります。でもシートではさんであれば やけ具合は簡単に確認できますから安心。

ひっくり返す

おおむね固まったらフライパンごとひっくり返してお皿に

  • シートを持ち上げれば裏面の色が確認できます。おおむね固まったら上にも大き目のクッキングシートをかぶせてフライパンより大きいお皿を載せてフライパンごとひっくり返し焼きます。
ひっくりかえして焼く
  • この状態にさらに同サイズのお皿を載せてひっくり返すと写真のように 今まで焼いていた面が上になります。ここへ フライパンをかぶせて返せば残りの面が焼けます。(要するにイタリアンオムレツの返し方です。)
  • この方法を繰り返しお好みの色に焼き上げます。巻く場合 内側に濃い色をつけると断面にきれいな「の」の字ができます。(同じような色だとお芋の断面みたいで 面白くありません。)

鬼すだれで巻く

鬼すだれに焼きあがった卵を載せる
  • お皿に乗った熱い卵に鬼すだれを乗せて ひっくり返して手前から巻きます。尖った方が内側になります。
  • 中心部分が折れずに綺麗に巻けるように 手前に平行に3本くらい切れ込みを入れます。(写真の白矢印です。)
巻いたらしっかり縛る
  • 巻いたらまず中心を縛ります。そのあと両端を強く縛ります。真ん中の紐が緩むので〆なおします。
  • 卵から出汁が出るので色落ちするリボンなどは避けます。冷蔵庫で3-4時間冷やしますが このときもビニール袋などに入れないと 冷蔵庫をまたお掃除しないといけなくなります。ご注意!
  • 1時間くらい冷やしたら 鬼すだれの食い込み具合を確認してください。ゆるいようならさらに締めます。〆すぎるとすだれの山で伊達巻の表面が切れますのでご注意

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


パプリカ入り玉子焼き

papurikatamago.jpg

黄色い卵に赤いパフリカ。彩のとってもきれいな玉子焼きです。


●材料(2人分)
卵      2個
パプリカ   4分の1(みじん切り)
油      小さじ1
砂糖     小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1/2
塩      少々

 
●作り方
材料を全てあわせてよく混ぜます。玉子焼き用のフライパンにまず3分の1入れて薄く焼きます。おおむね火の通ったところで、巻いて端に寄せ、空いた部分に玉子を4分の1ほどいれ、おおむね火が通ったところで、さきほどまいた玉子を反対方向に巻いてきて、逆の端に寄せます。これを玉子がなくなるまで繰り返して出来上がりです。


●ポイント
火は強すぎないように注意ましょう。また、フライパンをちょっとずらして、玉子を焼いている部分に火が当たるようにします。
玉子を入れる部分には、あらかじめ油を引いておきます。キッチンペーパーにしみこませて、お箸で動かして満遍なく引きます。もちろん、油引きを使ってもOK。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント