カテゴリー:麺

冷やし中華

冷やし中華

暑い日には、冷やし中華が無性に食べたくなりますね。自家製の冷やし中華のたれを使って作る冷やし中華です。


●材料(2人分)
中華麺・・・2玉
きゅうり・・・1本
ハム・・・4枚
卵・・・1個
冷やし中華のたれ・・・適宜
紅しょうが・・・適宜
からし・・・適宜


●作り方
きゅうりは、5cmくらいの千切り、ハムもきゅうりと同じくらいの細さに切ります。
卵をといてフライパンで薄焼き卵を作り、同様に千切りにします。
中華麺をゆでて、水でよく洗って、最後に氷をいれた冷水で締め、良く水を切ってからお皿に盛り付けます。
きゅうり、ハム、卵を盛りつけ、紅しょうがをトッピングしたら、冷やし中華のたれをたっぷりとかけます。
お好みでからしを添えて。


●ポイント
ハムのかえて、チャーシューや蒸し鶏の細切りを盛り付けると、より本格的な感じになりますね。


ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


鴨せいろもどき

鶏もも肉の生姜煮の煮汁は 鶏の出汁がいっぱい!これに砂糖を足して、煮物の味付けに使うのもお手軽でいいのですが、ちびぶーいち押しの再利用が「鴨せいろもどき」です。鴨はいりません。もちろんあれば入れてください。
おそば・冷麦・冷素麺 などに合います。


●材料
鶏もも肉の生姜煮の煮汁
水   適宜
みりん 適宜
長ねぎ  1本(4-5cmのぶつ切り)


●作り方
煮汁をお好みの付け汁の濃さに水でうすめ、お好みでみりんで甘みを追加します。
長ねぎをグリルやもち焼き網などで、焦げ目が周りにつくまでしっかりやきます。
このネギを煮汁に入れて沸騰させれば完成です。


●ポイント
長ねぎは必ずグリルやもち網などで焼いてください。フライパンで炒めると、なぜか鴨せいろ風にはなりません。
もし、鴨があって入れる場合は、必ずグリルやもち網などで、脂身の方に焦げ目が付くくらい焼き、煮汁の火を止めてから投入します。煮ては駄目です。食べる直前に焼いて投入するがベストです。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


サンマーメン(生馬麺、もやしあんかけラーメン)

samarmen.jpg

サンマーメンと最初に聞いたときは、にしんそばが頭に浮かんで、秋刀魚が載ったラーメンかと思ってしまいました。ちょっとまずそうですね。
もちろん、サンマーメンはそんなラーメンではなく、もやしのあんがラーメンにかかった、あんかけもやしそば、といった感じです。

おたべが高校生のころよく行っていた安い中華料理店で食べていたのが今にして思えばサンマーメンでした。そのみせでは、単に燃やしそばといっていましたが。

もやしのしゃっきり感とあんの甘みがラーメンにすごく合います。普通のラーメンにもやしのあんをのせるだけなので簡単です。是非お試しを。


●材料(2人分)
市販の生ラーメン  2食(しょうゆ味)
もやし       1袋
にんじん      1/2本(もやしの位のサイズに細切り)
片栗粉       適宜
ガラスープ     小さじ1
塩・コショウ    少々
サラダ油      大さじ1
水         1カップ


●作り方
生ラーメンは、普通に作ってください。
中華なべに油をいれ、良く熱したらもやし、にんじんを入れていためます。全体に油が回ってややしんなりしたら、水とガラスープをいれて、煮立たせます。水溶き片栗粉をいれて、とろみをつけて、ラーメンの上に載せて出来上がりです。


●ポイント
生ラーメンが早くできすぎると伸びてしまいますので、タイミングを見計らって作ってください。麺の太さなどにもよりますが、もやしをいため終わったあたりで、麺をゆで始めるといいタイミングのようです。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント