カテゴリー:鍋もの

なんちゃってポトフ

potofu.jpg

つかれちゃって料理をするのも面倒、といって、食べに行くのも億劫だし、カップ麺もちょっとさびしい。
そんなときに、適当にきった肉と野菜をただ込むだけでできる料理はうれしいですよね。このポトフは、材料をなべを火にかけておくだけの料理ですから、お風呂に入ったりしているうちにできちゃいます。


●材料(2人分)
豚肩ロース  200g(一口大に切る)
たまねぎ   中2個(皮をむき根とへたの部分を切る)
にんじん   1本(一口大に切る)
じゃがいも  2個(皮をむき、半分に切る)
大根     6分の1本(一口大に切る)
コンソメ   1個(固形の場合。粉状の物は、固形1個と同量程度)
サラダ油   小さじ1
塩・コショウ 少々


●作り方
なべに油をいれ、豚肉をいれ、表面に軽く焦げ目が付くまでいためる。水300ccとコンソメ、野菜をいれてふたをし、煮立ったら弱火にして30分程度煮込む。塩・コショウで味を調えたら出来上がり。
からし醤油でいただきます。


●ポイント
からし醤油をつけていただくので、味付けはやや薄めに。
煮込み時間を増やしたほうが、より野菜の甘みが出てきますが、ジャガイモが煮崩れてしまうので、時間差投入してください。水も適宜補充してください。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


湯豆腐(ねぎととうふたっぷりの湯どうふ)

yudoufu.jpg

寒い日には、湯豆腐。とてもいいです。暖まりますし、うちの湯豆腐は、ねぎをたくさん入れるので、風邪の予防にもいいかもしれない、なんて思っています。
すきみたら(たらの干物)を細かくちぎって入れるのと、かつおだしのみりん醤油を掛けて食べるのも変わっていますね。

京都の順正などの湯豆腐とはかなり違いますが、おいしいですよ。

すきみたら


●材料
豆腐・・・・1丁(ひとくち大のさいの目に切る)
ねぎ・・・・3本(斜めに1センチ幅程度に切る)
すきみたら・4分の1程度(手で細かくちぎる)
醤油・・・・4分の1カップ
みりん・・・4分の1カップ
かつお節・・1パック(削り節パック)


●作り方
なべに、湯豆腐用のたれ入れを置き、醤油、みりん、かつお節をいれます。すきみたらを細かくちぎってなべにいれ、ねぎをその上にいれます。ねぎ沈む程度に水を入れて、豆腐をねぎの上にバランスよく並べます。
ぐつぐつしてきて、ねぎがしんなりしたら出来上がり。
小鉢にとって、みりん醤油のたれを掛けていただきます。


●ポイント
よく煮たほうが、すきみたらのだしがしみこんでおいしいのですが、といって煮すぎると豆腐にすが入ってしまいます。ほどほどに。
醤油とみりんの量は、お好みで調整してください。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント