カテゴリー:スープ

しめじとわかめの中華スープ




●材料
しめじ・・・1株(足の下の部分を切って、適当に分ける)
わかめ・・・20g(塩蔵のものを戻して、3cmくらいに切る)
とりガラスープの素・・・小さじ2
塩・コショウ・・・適宜
ごま・・・適宜
水・・・2カップ

●作り方
なべに水を入れて、火にかけ、沸いたらとりガラスープの素としめじを入れ、少し煮込む。
しめじに火が通ってきたら、わかめをいれ、塩・コショウで味を調える。
お椀にもったら、軽くごまを振りかけて、出来上がり。

●ポイント
とりガラスープの素ではなく、チキンコンソメを使えば、洋食風に。この場合は、ごまはいれません。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


わかめとたまねぎの中華スープ



簡単にできて、おいしい中華スープです。玉ねぎの甘味がとてもおいしいです。

●材料
玉ねぎ・・・中半分(繊維に沿って、5ミリぐらいにスライス)
わかめ・・・20g(塩蔵のものを戻して、3cmくらいに切る)
とりガラスープの素・・・小さじ2
塩・コショウ・・・適宜
ごま・・・適宜
水・・・2カップ

●作り方
なべに水を入れて、火にかけ、沸いたらとりガラスープの素とたまねぎを入れ、少し煮込む。
たまねぎが透き通ってきたら、わかめをいれ、塩・コショウで味を調える。
お椀にもったら、軽くごまを振りかけて、出来上がり。

●ポイント
とりガラスープの素ではなく、チキンコンソメを使えば、洋食風に。この場合は、ごまはいれません。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


シニガンスープ

シニガンスープ
シニガンスープは タマリンドという、枝豆の大きいのみたいな豆をつかって、すっぱくしたスープで、フィリピンではポピュラーなスープです。

以前、国際協力基金主催のお弁当コンテストの審査員でフィリピンにいったときに食べて、病み付きになりました。

日本では、タマリンドが手に入りづらいので、レモンなどで代用したり、シニガンスープの素を使ってもいいですね。
材料も「アイナメ」があったので、アイナメ・エビ・イカ・野菜で作ってみました。

●材料
アイナメ・・・半身
アイナメのあら・・・適宜
エビ・・・8尾
イカ・・・1杯
ほうれんそう・・・4株
にんじん・・・2分の1本
だいこん・・・にんじんと同量
レモン・・・2分の1個
チキンコンソメ・・・1個
ナンプラー・・・適宜
塩・こしょう・・・適宜

●作り方
1リットルのお湯にアイナメのあらをいれ、10分ほど煮出す。あらを取り出し、チキンコンソメを入れて溶かしたら、やや厚めの薄切りにして、食べやすいサイズに切ったにんじん、大根をいれ柔らかくなるまで煮る。
一口大に切ったアイナメ、輪切りにしたイカ、エビをいれ、一煮立ちしたところで、レモンをいれて、ナンプラー、塩、こしょうで味を整える。最後に、ざく切りにしたほうれんそうをいれて、一煮立ちして出来上がり。

●ポイント
魚介は、煮すぎないことが大切です。また、たべづらいのですが、エビやイカの皮も付いたままの方が、よくだしが出ておいしいです。もし、有頭のエビがてにはいったら、まるごといれるとさらによいだしがでます。
フィリピンで売っていたインスタントのシニガンスープの素が、日本でも手に入るようになっているようです。これを使えば、すごく簡単です。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント