カテゴリー:ジャム・コンポート

りんごジャム


りんごをたくさん頂いたので、りんごジャムも作ってみました。


いただいた大箱のなかから、ちょっと小さめ&イケテナイ子を10個選んで洗ったら4つにきり芯と皮を剥きます。
色が変わらないように剥く端から塩水にいれていきます。この時点で正味2kgでした!




さらにイチョウ型に切り塩水に入れます。



レモン汁を100cc 水350cc とりんごを二つの鍋にわけてフタをして煮ます。



こんな感じで、二つの鍋を両手でかき混ぜると、時間がかかっても納得ですー♪



透き通ってきたら、フタを取ってかき混ぜて、分量が減ったら一つの鍋にまとめます。

空いた熱源でビンとフタの煮沸消毒をします。1分くらいでOK。トングと天カス取りの網をつかうと安全です。もちろん、これらも煮沸消毒します。



煮沸消毒が終わったら、もったいないので、お弁当などに使っているステンレスの抜き型もついでに煮沸してスッキリしちゃいます。

リンゴに砂糖を600g入れるところ、甘さ控えめにして450g入れてかき混ぜます。特に果肉を木ベラでつぶさなくても時間が経てばどんどん崩れてきます。





余熱で自然乾燥させたビンにレードルでビンの淵に着かないように入れます。

ふたをしたら、もう一回煮沸します。




取り出したらさかさまにして冷まします。

ペクチンが少ないのでさらっとしたジャムになります。

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


花柚子ジャム



今日は花柚子のジャムでティータイム♪



今年も花柚子がたくさんできました。普通の柚子より2まわりちいさな実がなります。

小さな木なのにたくさんできて不思議。昨年たくさんできたので、今年は実が少ないかなと思っていましたが、何もしてやらないのにがんばりました。花柚子ちゃんえらい!!

半分収穫したら3.26キロありました。無農薬の花柚子(ほったらかし とも言います)なのでジャムを作りました。

いつものレシピの書き方とはちょっと違ってしまったのですが、スペシャル版ということでご容赦してください。



まずはタワシでしっかりと洗います。無農薬ですが凹凸が多いのでここは、がんばって洗います。

が、こういう地味な作業こそ、かわいいグッズで乗り切りたい!



というわけで、ハリネズミ?ヤマアラシ?のタワシ 登場! うふ、かわいい~。

え?使い勝手? そ、そ、それは・・・うう・・・はっ、そんなの関係ないのっ!!



そうこう言いながら、洗った柚子を半分に切って果汁・中の袋・種・皮にどんどん分けていきます。

でもって、さっきも言いましたが、こういう地味な作業はやはり何かテーマがあると乗り切りやすいわけですね。


そうです、果汁絞り機の使い勝手比べ!です。いや、勝手に仕事ふやしています。あははは。

奥は種を残して下の受け皿に果汁を集めるタイプです。

手前右はグレープフルーツ用の絞り機です。

手前 左はセラミックのレモン絞りです。注ぎ口に種を止めるスリットがあります。

で、花柚子の実の形に一番あっているのはセラミックのタイプ(貝印)でしたが、多量に絞るにはお皿部分が小さすぎ!というわけで、どれでもいいかな、おおー何いってるんだ>自分!

などと一人で乗り突っ込みしながらここまで40分。意外に早いぞ!



つぎに皮を刻みます。測ってみると皮だけで1.2kg!皮と同量の砂糖を準備。

でもってこれを刻むわけですが、ここもかなり地味な作業となりますので、何かないか・・・!

おお!ターシャ チューダが3本連続でBS ハイビジョンで放送中!こういう作業にぴったり!

というわけで、目はナイフから離せないので、録画しつつ耳はターシャにかたむけながら、刻んで刻んで刻んで刻んで30分!

最後は手がしびれてきましたねえ。(T-T)でもタ-シャの30年に比べたら、なんてことないです、がんばれ>自分!

切った皮は、はしから水をはったボールに投入。水を替えてなんどかフリ洗いします。

出てくる黄色い強い香りの水はもったいないので、少し取り置いてお風呂に入れても幸せです。



一つの鍋には入りきらないので二つの鍋に分けてたっぷりの水をいれて沸騰させます。

沸騰したらお湯をザルで切って、水を入れてまた沸騰させる・・・これを4-5回やって苦味を取ります。

ここも地味な作業ですから何かしないと!? そうだお鍋の実験だぁ!

左がフィスラー、右がクリステルの鍋で比較検証。しまった奥の鍋はルクルーゼで実験すればよかった・・・

うーむ、とくに変わりは無いかな・・・とほほ。

実の入っていた袋はひたひたの水を入れた鍋で煮てペクチンを抽出します。(奥の鍋)いや、ただ、煮るだけです。

種からもペクチンがでるので大事にとっておきます。種は出汁袋にいれます。

種が沢山だったので袋が一杯で、煮ているときに中身が出てしまいそうで心配なので、袋をもう一枚かさねてガード。



ペクチンを煮出したものを濾して果汁と種をあわせて柔らかくなるまで煮ます♪ 砂糖はまだ入れない。



アクを取りながら、柔らかくなったら砂糖を2-3回にわけて投入!

こげないように両手でかき混ぜていきます。

鍋一つで二つでも同じ時間拘束されるので、こういうときはやぱり2鍋作るとお得な感じでうれしいです。

両手でかき混ぜながら、ターシャを見て号泣します。このせわしない状態でも泣ける自分が時々、怖いですね。あはは。

量が減ったら一つの鍋にまとめて、こんどは空いた熱源でビンとフタを煮沸消毒します。(1分くらい)

ビンの出し入れはトングを使うと簡単です。心配なときは天カスなどをとる網で下から支えると熱湯が飛び散らなくて安心です。





ジャムは途中で何度か味をみて砂糖は皮の正味重量と同じ1.2kg入れる予定のところ850gでOKとしました。(砂糖控えめだと傷みやすくなります。)

小皿にジャムを少し載せて冷蔵庫で冷やし小皿をかたむけて硬さを確認します。

ビンとフタは余熱で完全に自然乾燥させて、レードルでビンを汚さないようにジャムをいれます。



たっぷり入れてフタをします。沸騰した湯にビンをいれて2分くらい全体を消毒します。

重いので取り出すときも入れるときも、天カスなどをとる網で支えると安心です。



取りだしたら、上下替返しておいて冷まします。

冷えるまでに、ラベルやフタにかける布やリボンをあれこれ選んで楽しみます。

わーい、これで完成です。クリスマスプレゼントにしまーす!

ツイートツイート

よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
 にほんブログ村


最近のコメント