フィッシュロースター 象印 EF-VT40

前のロースターが壊れてしまって購入したものです。
決め手は、さんまがそのまま入るワイドなサイズです。サイズに合わせて、ヒーターも横幅が広く、本当にさんまがこんがり焼けます。

下皿には、水を入れるロースターが多いのですが(以前のロースターもそう)、水が蒸発するせいか、どうも魚がべちゃっとする感じがありました。それで、以前は水の代わりにセルライトなどを入れていましたが、これがコストもかかるし、処分も面倒。

EF-VT40は 水受け皿の上に反射板を浮かすので、水分の蒸発は少なめで、下からの反射熱も利用してこんがりと焼ける気がします。
メーカーのサイトによると、反射板がない場合に比べて60%も水の蒸発は少ないそうです。

フィッシュロースター 象印 EF-VT40


バラバラに分解できるので、洗うのも簡単でいいです。ただ、上ブタは、煙などが焼き付いていくせいか、洗ってもあまり綺麗になりません。
下皿もあまりこすると塗装がはげて、サビが出そうです。下皿は水をいれるのですから、錆びないステンレスやアルミで作って貰いたいところです。

ちょっと不満はありますが、まずまずお勧めです。



ツイートツイート

評  価

総  合:(4)

価  格:(4)

性  能:(4)

デザイン:(3)